2019/06/06

Civic Tech Forum 2019に「行政をハックし、行政データをオープンにしてみようとした結果」というタイトルで講演します



6/29(土)にCivic Tech Forum 2019というイベントが開催されます。

「集え、全国のシビックテックプレイヤー!」というコンセプトで、全国各地でシビックテックに取り組んでいる方が登壇し講演されるようです。
ありがたいことに、私もスピーカーとして今回登壇することになりました。

国や自治体がもつ各種ドキュメント・データを市民が使いやすい形で整備・公開する、という取り組みをプライベートでやっているのですが、これまでの取り組みと今後の展望についてお話する予定です。


【講演タイトル】
行政をハックし、行政データをオープンにしてみようとした結果
※スピーカー情報:SPEAKERS | CIVIC TECH FORUM 2019

【スケジュール】
決まり次第更新します
※プログラム情報:PROGRAM | CIVIC TECH FORUM 2019

【内容】
下記の4点についてお話させて頂く予定です。
1)オープンデータの重要性とそれによって日本社会がどう良くなるか
2)国のオープンデータ活用・データの情報公開請求をやってみて分かったこと(フォーマット・ファイル形式・公開方法が統一されていなくて活用できない/情報公開請求が面倒で分かりづらい・データ形式での公開をしてくれない等)
3)オープンデータが活用されるために必要なことと、課題
4)自分たちが取り組んで行きたいこと

※ハック(Hack)とは、技術(主に情報技術)を利用し違法行為を行うこととであると一般的に認知されていますが、本来は一般的な事柄に関しても「うまくやり抜く・取り組む」などの意味も持っています。ここから、“問題を創造性豊かにスピーディーに解決”するという意味でも使われます。そんな想いも込めて、今回のタイトルに「ハック」という言葉を使っています。


行政・民間の様々なシビックテックな取り組みを知ることのできるイベントです。ぜひ遊びに来てください!


・イベントURL:https://2019.civictechforum.jp/
・チケット申し込みURL(Peatix):https://ctf2019.peatix.com/


 このエントリーをはてなブックマークに追加