2019/09/15

「東京都オープンデータカタログサイト」にオープンデータ化要望があったデータ

東京都オープンデータカタログサイトという、東京都が運営するオープンデータのカタログサイトがあります。CKANベースでできており、現時点で1900件ほどのデータセットが公開されています。


このサイトを利用している人たちが、どのようなデータをほしいと考えているのかを把握したいと思い、サイト内にある「リクエストボックス」に来ているオープンデータ関連の要望の一覧について、東京都に問い合わせたところ、一覧をいただけたので公開します。

[Google Drive]東京都オープンデータカタログ_リクエスト一覧


上記にもある通り、
・都営バスのデータを標準的なバス情報フォーマットで公開してほしい
「東京の土地利用 平成28年東京都区部」のローデータ
・東京都23区の自治体毎の日影規制についての解説および日影規制区域の指定状況(指定されている面積ha)とその区域が分かる図面

など、交通系、都市計画系のデータ開示の要望があることがわかりました。
ただ、そもそものリクエスト件数が少ないですねー。。あまり見られていない/活用されていないサイトなのかなあ。


 このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/06/29

Civic Tech Forum 2019で「行政をハックし、行政データをオープンにしてみようとした結果」というタイトルで登壇しました。


先日も投稿しましたが、今日6月29日(土)に開催されたCivic Tech Forum 2019にスピーカーとして登壇してきました。

資料をSpeakerDeckにアップしたので、お時間あるときに見ていただけると嬉しいです。



お伝えしたかったことは、
・行政・自治体が思ってる以上に、行政が保有するデータには価値がある
・いったんデータ出してくれれば、民間はエンジニアリングでなんとか使える状態にするので、自治体は「とりあえずデータを公開する」を目標に動いてほしい
・それでも出せないという理由があるならそれは一緒に課題を解決したい!

ということです。

登壇後、中央官庁、自治体、あるいは民間で行政データを活用したサービス開発に携わっている多くの方にお声がけいただきました。

グラレコも描いてもらいました!
実物はこんなシュッとしてませんけど笑、うれしいです!


あと、CTFのハッシュタグで最もRT・イイねが多かったということで大賞も受賞しました。ありがとうございます!



当日見に来てくださった皆さま、運営スタッフの皆さま、ありがとうございました!
引き続き情報交換させていただけるとうれしいです。

スライドにも記載していますが、この取り組みを一緒に進めてくれる人も募集中です。



 このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/06/06

Civic Tech Forum 2019に「行政をハックし、行政データをオープンにしてみようとした結果」というタイトルで講演します



6/29(土)にCivic Tech Forum 2019というイベントが開催されます。

「集え、全国のシビックテックプレイヤー!」というコンセプトで、全国各地でシビックテックに取り組んでいる方が登壇し講演されるようです。
ありがたいことに、私もスピーカーとして今回登壇することになりました。

国や自治体がもつ各種ドキュメント・データを市民が使いやすい形で整備・公開する、という取り組みをプライベートでやっているのですが、これまでの取り組みと今後の展望についてお話する予定です。


【講演タイトル】
行政をハックし、行政データをオープンにしてみようとした結果
※スピーカー情報:SPEAKERS | CIVIC TECH FORUM 2019

【スケジュール】
プログラム情報:PROGRAM | CIVIC TECH FORUM 2019

【内容】
下記の4点についてお話させて頂く予定です。
1)オープンデータの重要性とそれによって日本社会がどう良くなるか
2)国のオープンデータ活用・データの情報公開請求をやってみて分かったこと(フォーマット・ファイル形式・公開方法が統一されていなくて活用できない/情報公開請求が面倒で分かりづらい・データ形式での公開をしてくれない等)
3)オープンデータが活用されるために必要なことと、課題
4)自分たちが取り組んで行きたいこと

※ハック(Hack)とは、技術(主に情報技術)を利用し違法行為を行うこととであると一般的に認知されていますが、本来は一般的な事柄に関しても「うまくやり抜く・取り組む」などの意味も持っています。ここから、“問題を創造性豊かにスピーディーに解決”するという意味でも使われます。そんな想いも込めて、今回のタイトルに「ハック」という言葉を使っています。


行政・民間の様々なシビックテックな取り組みを知ることのできるイベントです。ぜひ遊びに来てください!


・イベントURL:https://2019.civictechforum.jp/
・チケット申し込みURL(Peatix):https://ctf2019.peatix.com/


 このエントリーをはてなブックマークに追加